2019-12-15

技術書博覧会に出展しました。

ちゃんと日記書こうかなと思ったので、日記です。

技術書博覧会に出展してきました。正確に言うと「湊川あいのわかば家。」というサークルのお手伝いで行ってきました。
お手伝いと言っても共著の作品もあるので、まあ一緒のサークルで参加したような形です。(いつもおまかせ状態ですいません>湊川さん)

さて、日記なのでつれづれなるままに書きます。

控え目に言って、今回の技書博は最高でした。
カフェは無料で提供されるし、

お弁当は出るし、

懇親会も会費以上のクオリティで食べるものも、飲みものも最高でした。

ここ数年、技術書典に出展したりしていますが、技術書典とは違った良さがあります。
そこには自分が技術書典に求めていたものの原点のようなものがあります。

技術書典は良くも悪くも規模が大きくなって、自分が求めていたものと違った方向性があります。
(それはそれで発展的でよいことですし、その発展の中心にいる湊川さんと共著させてもらっている身ですのでとてもありがたい話でもあります。)

技術書を書いて儲けるという景気のよい話の多い技術書典ですが、全然儲かっていない自分としては、イベント自体を楽しめる趣向のある技書博があるのはとてもうれしいです。
(とは言え技術書典くらいの規模がないと黒字にすらならないので棲み分け大事ですが)

技書博では参加者がまだ少ないということもあってスペースにゆとりがあり、本を求めていらした方とゆっくりお話することができます。
一般参加の方たちもちょっと層が違う感じで、技術書典のあの軍場のような雰囲気が苦手な人たちがゆったりとみられる雰囲気を求めて来ているのかなとも思いました。(個人の感想です)

技術書典とは一味違ったもう一つの技術書同人誌即売会出掛けてみてはいかがでしょう?
次回は2020年6月27日を予定しているそうです。