2017-07-17

GitHub Pagesにスライドを公開できるプレゼンツールを作りました

Gibierというプレゼンツールを作りました。
作りましたというか、以前からhyaslideという名前で開発していたものを名前を変更して、 いくつかの機能追加をしてリリースしました。
Gibierという名前はこのツールがうさぎとカメの追い掛けっこでおなじみのRabbitにインスパイアされていて、 hyaslideとい名前が適当に付けた名前だったのでいい名前ないかなと言っていてたら、koicさんに「じゃあジビエじゃないですか。」 と言われたのでつけました。
とても挑戦的で良い名前だなって思っています。

今回の機能追加での目玉機能はGitHub Pagesにスライドを公開することができることです。
発表当日まではローカルでサーバーを起動しておいて編集したり発表したりして、 終ったらGitHubにスライドプロジェクトごとpushしてGigHub Pagesにスライドを公開することができます。

使いかたはとっても簡単

まず、gemを使ってインストールしてね。

$ gem install gibier

スライドプロジェクトを作ります。

$ gibier new <slide_name>

実はサンプルスライドもできるので、それを参考に編集してね。

最後はパブリッシュ

$ gibier ghpages

ってするとdocsディレクトリが作られるから、それをGibHub Pagesとして公開するだけ

GitHub Pagesについては
https://pages.github.com/
をみてね